オールスター福井保護者規約

オールスター福井保護者会

保護者は各子息が「オールスター福井」を通じて心身の健全な成長と社会規律を学ぶ事を願い、将来高校野球において活躍出来る事を目標に最大限の協力を惜しまず、選手・運営側及び指導者・保護者会の三位一体を心がけ下記事項を遵守して下さい。

 

  • ○監督・コーチの指導方法・ゲーム展開・作戦及び選手の起用方法等、現場に関する一切に対して個人的に口出しは出来ません。

    ○野球を通じての保護者間である以上、日常の俗事を持ち込まないで下さい。又保護者の感情が先走り、子息の真の気持を無視した行動は行わないで下さい。

    ○チームの不統一は運営側・指導側対保護者間に起因する事由が大きい事を戒めて、各自が勝手な振る舞いでチームの統制を乱さないで下さい。
  •  
  • ○チーム全体が練習及び試合に支障をきたさぬよう保護者が出来る限りの協力を惜しまず、練習試合等のグランド整備や審判、お手伝いは積極的に行って下さい。
  •  
  • ○保護者間での挨拶、気配り、態度、言葉遣いに親しみと礼儀をわきまえ常にチームの一体感を忘れないで下さい。
  •  
  • ○保護者が子息を甘やかすことなく野球を通じて厳しさと、真のスポーツマンシップを会得するよう、各家庭にも指導教育して下さい。
  •  
  • ○遠征や練習に関しては運営側と指導者が協議して、保護者会長通達になりますので保護者間で取り決めは行わないで下さい。
  •  
  • ○自分の子供だけの事を考えず、チーム全体の保護者であって下さい。
  •  
  • ○部費、遠征費は滞納しないで下さい。
  •  
  • ○グラウンドに相応しく無い服装は禁止です。(例・サンダル・サングラス・スカート・半ズボン等)
  •  
  • ○チームの細かな事情には守秘義務がある事を忘れないで下さい。
  •  
  • ○保護者会長の発言は運営側代表の発言と同様となります。
  •  
  • ○諸所の事情(引越しなど)ある場合以外は、退団後他リーグへの参加は原則出来ません。

 

○指導者との個人的飲食はご遠慮下さい。

  •  
  • 試合や練習中等での注意事項

     

  • ○試合中、審判に対してのクレームや暴言は一切行わないで下さい。
  •  
  • ○監督・コーチ以外の人間が選手を指導したり、暴言を吐いたり命令はしないで下さい。
  •  
  • ○練習中であっても、監督・コーチ・スコアラー以外のベンチ入りは一切禁止です。保護者役員(会長・副会長・会計・婦人部長・学年責任者は可)
  •  
  • ○試合中の応援は保護者会長の下、整列をして応援して下さい。メガホンや応援用具は各大会にて使用可能か確認して下さい。バックネット裏での応援や観戦は連盟より禁止されております。
  •  
  • ○試合(練習試合含む)開始~投手が1球目を投げ終えるまでは、起立及び脱帽を行い、着席前には一礼を行って下さい。
  •  
  • ○指導人が選手とのミィーテイングしている場合は整列して下さい。
    私語は一切禁止とします。
  •  
  • ○応援する時は、相手・自軍選手を威嚇する様な声(ヤジ等)、又構えやプレー中の選手に声掛けはしないで下さい。
  •  
  • ○ナイスプレーには、敵や味方を超えて拍手を行い、ミスプレーに対して、ため息はつかないで下さい。
  •  
  • ○試合中は、選手に指導的な声を掛けないで下さい。又私語は小さな声でして下さい。
  •  
  • ○試合、練習中は、アルコール類の飲酒は禁止です。
  •  
  • ○試合、練習日の父兄の食事は選手、スタッフの後にして下さい。
    (但し、塁審等は別となります。) 

     

    ご子息に以下の事を守らせて下さい。
    • ○野球道具を大事に扱うこと。
      チーム貸与の用品に修理が必用な場合は、使用者が責任を持ち修理する事。
    •  
    • ○無断欠席、遅刻、早退はしない。その必要があるときは、必ず本人が監督又はコーチまで連絡すること。
    •  
    • ○髪は長く伸ばさない。(5cm以上は禁止)剃りこみ、眉の剃りこみはしない。
    •  

    • 以上のことが守れない場合、監督から口答注意を行います。
       

      球団事務所としては保護者会とより良い環境を作り、お互いに協力してチーム運営を行いたいと考えています。

    しかし、上記心得に反する場合は、運営側役員協議の上、保護者としての練習や行事の参加を認めない場合がありますのでご了承下さい。